ネパールのヒマラヤ絶景地!ナガルコットNo.1ホテルに泊まってみた




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

ナマステ!
ネパールと言えば、ヒマラヤです。
ネパールに来てから何度も見ていますが、何度も見ても本当に美しい。絶景。

そんなヒマラヤをカトマンズ近郊で見るならおすすめしたいのがナガルコット。
カトマンズから車でたった2時間で絶景が見れるんです。
そのナガルコットの中でもNo.1ホテルに泊まってきたので紹介したいと思います。

ナガルコットNo.1ホテル「クラブヒマラヤ ナガルコットリゾート」

今回泊まったのがこちら。
ナガルコットNo.1ホテルの「クラブヒマラヤ ナガルコットリゾート」です。

ナガルコットは観光スポットなので、ホテルやゲストハウスがこれでもかってくらいあります。
その中でも一番ダントツで高級な4つ星ホテル。

お値段は最低でも1泊US$109(税込)。
日本円に直すと、1泊1万2000円くらいします。(2016年2月21日現在)

日本のホテルなら「そんなもんか」って思うかもしれませんが、ここはネパール。
ナガルコットでも1000~2000円あればまあまあなところには泊まれます。

そんなわけで破格の値段でした。
でも最近、活動の山場がひと段落したので、自分へのご褒美を兼ねて行ってきました。

ロビー・館内はこんな感じ!

早速入ってみると、まあきれい!
ネパールの街中の汚い感じに慣れ切ってしまっていたこともあって驚きました。

晴れた日にはロビーからもヒマラヤがくっきり見えます。

ロビーの下にはプールまでついていました。

ウェルカムドリンクが出てきた!テンション上がります。

気になるお部屋はこんな感じ!

さあ肝心のお部屋です。
各部屋には、ヒマラヤ山脈の名前がついています。(ない部屋もあります)
地味に嬉しいこだわり!

部屋はじゃん!こんな感じ!なかなかオシャレ!

トイレもきれいだし、お風呂もバスタブが!
もう半年、お風呂に入ってなかったお湯に浸かってなかったので嬉しすぎて泣きそうになりました。

ベランダもあって、もちろんヒマラヤも見えますよ。

屋上の展望テラスが最高すぎた

このホテルの売りはなんといっても屋上の展望テラスでした。
もちろん見えるのはヒマラヤ。
本当にきれい。

しかもヒマラヤを見ながら横になれるんです。
これを最高と言わずして何と言うのでしょう。
最高すぎました。

さらに朝日と夕日もテラスを挟んで両側に見えるので、1つの場所で見えちゃうんです。
まずは夕日から。

朝日もきれいでした。

この日は曇りだったのですが、運良く朝日は見られました。
絶景。

改善点(1)部屋に無料Wifiがない

てなわけで絶景に大満足したんですが、「う~ん」って思うところもいくつかありました。
まず1つ目は部屋に無料Wifiがなかったところ。

僕は今回Net断捨離もしたかったので、困りませんでした。
でも困る人は困ると思います。

お金を出せば使えるのですが、これだけのホテルならそんなケチケチしないでつけてほしい。

改善点(2)電気・お湯が出ない時間帯がある

次は電気・お湯が出ない時間帯があるところ。
ネパールに住んでいたら全然普通なので驚きません。
でも、観光でネパールに初めて来た人ならびっくりするでしょう。

これだけのホテルなのに、電気・お湯が出ないときがある。
これがネパールの現状です。
仕方ない部分もありますが、前もって知らないとびっくりされると思うので書きました。

改善点(3)食事がいまいち!

一番改善してほしいのがこちら。食事がいまいち!
まずいわけじゃないんです。まずくはない。
でも4つ星ホテルの味ではないことは確かでした。

晩ごはん・朝ごはんともにビュッフェ形式。
てかそれ以外選択肢なし。(バーで軽食はあった)
インド・ネパール系はもちろん、洋食や中華といろいろ食べれるのはいいですが、ビュッフェだと味は落ちますよね。

ヒマラヤを見るなら一度はナガルコットへ!

てなわけで改善点は色々ありましたが、それでも大満足でした。
やっぱりヒマラヤの絶景を見れたら細かいところはどうでもよくなります。

カトマンズから手軽にヒマラヤを見るなら、ナガルコットがおすすめです。
現地バスで行くのが一番安上がりですが、タクシーでもいいと思います。
ツアーなんかで行くのもありですね。

なんといっても絶景です。
しかも運が良ければ雲海が発生します。
これは友人が別のゲストハウスで撮った写真なのですが、絶景ですね。

ぜひ一度はナガルコットに来てみてください!

 

※ 2017年12月22日 追記

今年9月から、ナガルコットに行くには 1人339ネパールルピーの入場料 がかかるようになりました。(外国人旅行者のみ)

ナガルコットに向かう道の途中のチェックポストで、徴収されるとのことです。

 

The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

Facebookページに「いいね!」で更新通知が受け取れます


ネパールに関する最新情報をお届けします!
「いいね!」はいつでも外せるので、
まずはお試し感覚で「いいね!」してみましょう!