ネパールの魅力は「人」だけにあらず!自由気ままに生きる「犬」から目が離せない!




The following two tabs change content below.
べじもも

べじもも

好きなものは人、言語、お酒!念願のアジア暮らしをネパールでスタート。 目標はネパール人に間違われるくらい、ネパール語ペラペラになること! 予想外のできごと&ツッコミどころ満載のネパールで、楽しい毎日を送っている。

ナマステ~!

 

ネパールの魅力が「人」であることは間違いありません!

しかしその「人」以外にも、訪れた人を楽しませてくれるものが・・・

 

それは・・・

 

犬!!!

 

ネパールは実は、犬好きにはたまらない国なのです。

今日はそんな、ネパールの犬にフォーカスしたいと思います!

ネパールの犬の魅力① のんびりしている

ネパールに1回でも来たことがある方は分かると思いますが・・・

 

ネパールの犬はとにかく、だら~んとしています。

 

ネパールの犬は、これが基本姿勢です。

 

手足を投げ出し、横向きに寝ます。

 

毎日どこへ行っても見る光景です。

よくもまあ、こんなに寝ていられるなあ、と逆に感心するほど!

 

こんな脱力した状態で寝てるのを見てると、こちらも脱力~ってなっちゃいます。

 

ネパールの犬の魅力② のんびりしている

やっぱりね、ネパールの犬はのんびりしているんですよ。

 

毎日通る道にいる犬も、

 

朝通ると「基本姿勢」で寝ていて、

 

昼にまた通っても「基本姿勢」で横になっている。

 

夜、家に帰るときももちろん「基本姿勢」でリラックスしている。

 

たま~に、仲間と集まって歩いたり走ったり、明後日の方向に向かって吠えてます。

 

ネパールの犬の魅力③ のんびりしている

 

って全部「のんびりしている」やないか~い!

 

でも実際、そうなんです。

仕方ないんです。

 

「のんびりしている」しかないんです。笑

 

なぜ食べものに困らない?

ネパールの犬はほとんどが野良犬なのに、やせ細った犬はあまり見かけません。(たまにいますが)

 

どうして食べものに困らないのか、私が思うに・・・

 

理由1 番犬?になるから

ネパールでは番犬を飼っている家が多いんです。

空き巣や泥棒を威嚇する、つまりは防犯のためですね。

 

お金持ちの家は、部外者が入らないように大きな門を構えていて、その中にでっかい犬を放っています。

家の前を通るだけで、ものすごく吠えられます。

 

でも一般的な家庭の場合、野良犬にたまに残飯をあげて、勝手に番犬にしてます。

ご飯をあげてるとそのうち、その家周辺で生活するようになり、自然と番犬みたいになっていくんです。

部外者や通行人に吠えたりはしないですが、家の前に寝ているだけで、ある程度の防犯効果はありそうですよね?

番犬らしい犬。ネパールの犬らしからぬ犬。

 

理由2 犬好きが食べものをあげるから

あとは、通りすがりの犬好き?が、色んなものをあげていくんです!

近所では、ビスケットをあげるネパール人のおじさんや、わしゃわしゃ撫でた後おいしそうなものをたっぷりあげていく西洋の女の子たちを見かけたことがあります。

ビスケットおじさん激写!犬がしっぽをフリフリ集まってます。

 

私も、肉料理で残った骨はとっておいて、野良犬にあげてます。

ただ生ごみとして出すなんて、もったいない!

みんな喜んで食べてます。

 

ただ、犬に何かあげるときは、近づきすぎないように気をつけてください!

「もっと、もっと!!」とねだって近づいてきます。

ネパールは未だに狂犬病がある国ですので、くれぐれも触れないように。

近くに置く、または道に置いておくだけでも、翌朝にはなくなってますよ。

致死率100%の狂犬病!ネパールで動物に咬まれた時の対処法&行くべき病院

2017.03.26

 

肉以外では、理由1で挙げた番犬代わりにしている家は、よくビスケットをあげていますね。

 

一袋食べやすいように開けて、犬の口元に置いてあるのをよく見かけます。

「犬専用ビスケット」みたいな様子で・・・。笑

 

でも、犬ってビスケット好きなのかな?

口の中がぱさぱさしそうですが。

 

こんなわけで、食べ物がなくて死んじゃう、ということは少なそうです。

 

ネパールには、犬のお祝いをする日まである

こうしてネパールで犬が自由気ままに生きていられるのは、ネパールやネパール人が穏やかでのんびりしているから、というわけでもないんです。

 

ヒンドゥー教では、犬は閻魔様の番犬や、天国の門番として考えられているのです。

つまりは縁起がいい動物なんですね。

 

そのため、秋に行われる光のお祭り「ティハール」には、「犬にお祝いをする日」まであります。

これはティハールの2日目で「ククル・プジャ」と呼ばれます。(ククルは犬を意味します)

飼い犬がいる人は飼い犬に、いない人は近所の野良犬に、赤いティカをつけ、マッラと呼ばれる花輪をかけてあげます。

最近ではティカで犬の健康を害さないよう、ティカはつけないよう呼び掛けている人もいます。

 

ネパールの犬は世界一幸せかも?

どうでしょう?

 

一日中こんなにのんびりしていて、食べものにも困らず、生きているネパールの犬たち・・・

家族や兄弟とも一緒にいられて、自由を謳歌し、ティハールにはお祝いまでしてもらえる犬たち・・・

 

もしかしたら彼らは、犬の世界の中でも、世界一幸せなんじゃないか?

 

私の父もネパールに来たときに、

 

なんだよ~、寝てばっかりで幸せそうじゃんか!

 

犬として生きるなら、ネパールの犬がいいな~

 

なんて言っていました。

 

でも喧嘩して負傷している犬も見かけるので、いいことばかりじゃないとは思いますがね。

 

犬好きネパール好きは、インスタ nepalidogs をチェック!

元々、犬が大好きだった私。

気付けば、iPhone の中はネパールのだらだらしている犬の写真ばかりに・・・

 

このままにしておくのはもったいない!

だって、やっぱり可愛いすぎる!!!

 

そんなわけで、インスタ nepalidogs を始めました!

この記事でも紹介した、ネパールの犬たちの日常をアップしています!

紹介する犬のほとんどは、道で見かけた野良犬です。



 

自由気ままに生きる犬たちに癒されたい方・・・

犬を通してネパールの雰囲気を感じてみたい方・・・

 

フォロー宜しくお願いします♬

 

The following two tabs change content below.
べじもも

べじもも

好きなものは人、言語、お酒!念願のアジア暮らしをネパールでスタート。 目標はネパール人に間違われるくらい、ネパール語ペラペラになること! 予想外のできごと&ツッコミどころ満載のネパールで、楽しい毎日を送っている。

Facebookページに「いいね!」で更新通知が受け取れます


ネパールに関する最新情報をお届けします!
「いいね!」はいつでも外せるので、
まずはお試し感覚で「いいね!」してみましょう!