ネパールダンスが見たいなら!タメルのアティティ・サトカール




The following two tabs change content below.
べじもも

べじもも

好きなものは人、言語、お酒!念願のアジア暮らしをネパールでスタート。 目標はネパール人に間違われるくらい、ネパール語ペラペラになること! 予想外のできごと&ツッコミどころ満載のネパールで、楽しい毎日を送っている。

ナマステ!

カトマンズのタメル地区ではネパール料理・日本料理はもちろん、韓国、中華、インド、イタリア、変わり種ではイスラエル料理まで、ありとあらゆる美味しい料理が楽しめます!

 

今回はそんなタメルのレストランでも、

ネパールのダンスを見ながら、ネパール料理を食べたい!

そんな方にぴったりなお店をご紹介します!

 

アティティ・サトカールとはどんなお店?

今回ご紹介するお店の名前は、

 

Atithi Satkar Banchha Ghar
(アティティ・サトカール・バンチャガール)

 

な、ながい・・・!!長すぎる!!!

 

店名の意味は、

Atithi – お客様
Satkar – 尊敬
Banchha – キッチン
Ghar –

 

そしてお店の売りは、

① 比較的リーズナブルな料金で
② ネパールの踊りを見ながら
③ ネパール(ネワール)料理をコースで食べられる!

ことです。

 

地球の歩き方には、他にもネパールの踊りが見られるレストランが載っていますが、どこも高級!!!

その点、このアティティ・サトカールはタメルという行きやすい立地で、お値段もお手頃。

そんなに高級じゃなくていい&カジュアルなお店がいい!

10人くらいのグループで入りたい!

という方にはおすすめです。

逆に、要人や上級ビジネスパートナーなどを連れていくならば、値は張るけれど高級感がある他のレストランが良いでしょう。

 

※地球の歩き方のカトマンズ・レストランのページに載っている「サトカール」は、とても似ていますが別のお店です。

同じタメル地区にあり、アティティ・サトカール同様ネパールの民族の踊り見ながら食事ができます。

名前も似ているけれど、姉妹店ではないそうです。

アティティ・サトカールの基本情報

アクセス

タメル地区にあります。

地球の歩き方にも載っている、チベット鍋のお店「ウッツェ」(Hotel Utse)や、日本語が話せるスタッフがいる日本人旅行者向けホテル「フジホテル」(Fuji Hotel)の近くにあります。

 

初めての方は分かりにくいので、周辺の商店にいるネパール人に聞くのが安心です。

 

この看板が目印です。

店内の様子

建物に入るところから、楽しませてくれます!

お店がある2階に向かう階段 ブッダ、タルチョにクマリ・・・ネパールの見どころを凝縮!

 

お店の中は、とても広いです。

大人数のグループで座れる長テーブルも、2~4人向けのテーブルもあります。

どのテーブルからも見やすい位置に、ダンサーが踊るステージが!

料理

お料理はコースです。

選ぶのは veg(肉なし・野菜のみ) non-veg(肉あり)のどちらにするかだけ。

悩む必要がなくて、とっても楽です!

 

どちらも、以下のラインナップです。

①前菜4種
➡大豆、ジャガイモ、モモ(ゆで餃子)、ウォー(レンズ豆で作ったパンケーキ)

②豆のスープ(ダルバートのダルとは似ているが、微妙に違った)

③メインのダルバート
➡ご飯、ダル、野菜のおかず、青菜、肉かキノコのおかず、肉か豆・チーズのおかず、アチャール(漬物のようなもの)

④ヨーグルト

⑤食後の紅茶かコーヒー

見るだけでも、すごい量・・・!

 

しかもネパールのレストランではどこもそうですが、

④メインのダルバートはお替り自由です!!!

普通はお肉はお替りできませんが、このお店ではお肉もお替り自由!!!

 

それぞれ(ご飯、ダル、おかず・・・)の入れ物を持ったスタッフが席まで来て、お替りしたいものをよそってくれます。

※写真のビールは、コース料理とは別料金です。

 

またメニューには載っていませんが、料理の前にネパールのお酒ロキシーをサービスしてくれます!

お店のウェルカムドリンクだそうです。

民族衣装を着た店員さんが、おちょこに注いでくれます

ダンス

料理を食べながら、9種類ものダンスを見ることができます。

9種類ですが、最後は観客と一緒にネパールの国民的な歌「レッサム・フィリリ」を踊るとのことなので、8種類と言ってもいいかもしれません。

 

ダンスは18:00から20:30までと時間が決まっています。

すべてのダンスが見たい人は、この時間に合わせてお店に来る必要があります。

もちろん、すべて見なくても十分楽しむことができますよ!

 

踊り子は基本的に2人です。

民族によって変わりますが、{女・女}か{女・男}のペアで踊りを見せてくれます。

同じ人が衣装を着替えて踊るので、衣装を着替える間は待ち時間があります。

踊りだけじゃなく、衣装でも目を楽しませてくれます!

値段

気になるお値段ですが、

一人分のコースで

コース料理: 1,195 ネパールルピー
サービスチャージ: 10%
付加価値税: 13%

合計:1,485 ネパールルピー

 

1ネパールルピーは約1円ですので、約1,500円です。

良心的な価格だと思います!

おすすめの店員さん

最後に、私がお世話になった店員さんをご紹介します!

Devraj Gurung(デヴラジ・グルン)さんです!

とても親切で、良いサービスをしてくれる店員さんでした。

コースメニューの一部変更なども、快く対応してくれました。

 

ネパールのレストランでは、例えコースメニューでも、希望を言えばアレンジしてくれることもあります。

プラスαで何か頼みたいことなどがある方は、デヴラジさんがいたら彼に声をかけてみてください。

きっと親身になって話を聞いてくれますよ。

まとめ

今回はネパールのダンスを見ながらネパール料理のコースが食べられる、タメルのアティティ・サトカールをご紹介しました!

皆さんもぜひ行ってみてくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
べじもも

べじもも

好きなものは人、言語、お酒!念願のアジア暮らしをネパールでスタート。 目標はネパール人に間違われるくらい、ネパール語ペラペラになること! 予想外のできごと&ツッコミどころ満載のネパールで、楽しい毎日を送っている。

Facebookページに「いいね!」で更新通知が受け取れます


ネパールに関する最新情報をお届けします!
「いいね!」はいつでも外せるので、
まずはお試し感覚で「いいね!」してみましょう!