ネパール・カトマンズ空港のラウンジ!プライオリティパスで入れて超快適




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

いろいろカオスな経験をしたネパール旅。

最後の空港ではゆっくりしたい。。

「でも、果たしてここに空港のオアシスであるラウンジなどあるのか」と思った方もいるのではないでしょうか。

 

でも安心してください。

なかなか質素なカトマンズのトリプバン空港でも、ちゃんとラウンジがあるんです。

しかも、ネパールとは思えない快適さなんですよ。

 

今回は、そんなトリプバン空港で使えるラウンジをご紹介します。

 

カトマンズのトリプバン空港にあるラウンジ「Executive Lounge」

そのラウンジがこちら。「Executive Lounge」といいます。

実際に中に入ってみると、、

そこには、ネパールとは思えない空間が広がっていました!

これぞ空港のオアシスであるラウンジです!

めちゃくちゃ快適に過ごせる空間ですね。

エアコンまでかかっていて、少し肌寒いほどでした。

 

ラウンジの食事事情!めちゃくちゃ充実していてすんごいお得感

ラウンジと言えば飲み物と食事!

このExecutive Loungeでもたくさんの食事が提供されていました。

 

まずはホットスナック系。

コロッケやPakoda(かき揚げ的な揚げ物)やお肉がありますね。

あとはサンドイッチ系が最高においしかったです。

ちょっとしたケーキやフルーツもそろっていました。

このショーケースに入っているものは、スタッフの人に言って出してもらう形ですね。

 

あとは自分で取れるビュッフェ形式の料理も充実していました!

お味も普通においしかったですね。

カトマンズの市内で食べたら、500~600ルピーはするような高級感がありましたね。

 

空港のゲートのところでも売店的なところでモモやチャーハンとか食べれますが、すんごい高いんですよね。

それを考えたらお得感がハンパなかったです。

 

飲み物もソフトドリンクからアルコールまで一通り揃っていました。

僕はジンジャーエールで、妻は炭酸水をいただきました。

どうでもいいですが、この缶の飲み物ってネパールで買うと、すんごい高いのでこれまたお得感あり!

 

ラウンジのWifi・電源事情!無料でサクサク使える&電源もあり

もう1つラウンジで気になるのがWifi・電源事情ですね。

スマホを使って暇つぶししたいですもんね。

 

まずネット環境は全く問題ありません!

Wifiも有料という情報がありますが、問題なく無料で使えます。

各テーブルの上にIDとパスワードが書かれたポップが置いてあるので、それを入力するだけ。

 

電源に関しても、数は多くないですが、使えるものがしっかり用意されていました。

充電が必要な人は電源が近くにあるソファに座れば、問題なく使えますよ。

 

ラウンジのトイレ・シャワー事情!すんごい清潔で日本みたい

もう1つ、このラウンジで地味にすばらしいなと思ったのがトイレ!

 

ネパールで出てくる不満ポイントであるあるなのが、トイレの汚さですよね。

なかなか日本みたいな快適なトイレ環境ってありません。

でもこのラウンジのトイレはこんな感じで、超きれい。

これなら女性でも安心してトイレに行けますよね。

 

さらに別料金で10ドルかかりますが、シャワーまでついています。

重いスーツケースを運んだり、人混みがある空港で汗をかいちゃったという人にとっては嬉しいですね。

 

1つだけ難点!搭乗ギリギリまでいられないのです。。

こんなすばらしいラウンジなのですが、1つだけ難点というか注意が必要なことがあります。

それは、出国する便の搭乗ギリギリまでいられないということです。

「えっ、どういうこと?」と思うかもしれませんので説明しましょう。

 

なぜギリギリまでいられないかというと、このラウンジがある場所に関係しています。

このラウンジは、荷物検査(セキュリティチェック)の前にあるんです。

だからこの後に控える荷物検査の時間を考慮に入れながら、ラウンジでの滞在時間を計算する必要があるのです。

 

しかも荷物検査って、結構並んでいる場合があるんですよね。。

これが唯一の難点なんです。

なんで荷物検査の後にラウンジをつくってくれないんだよー(笑)

 

まあそれでも狭いのに人も多くて、エアコンもかかっていない搭乗ゲートで待つ時間が少しでも減るなら、十分価値ありですけどね。

 

ラウンジへの行き方・アクセス

このラウンジは、出国審査と荷物検査の間にあります。

出国審査を終えると、天井にところにラウンジへの案内が出てきます。

その案内に従って右に曲がると、Executive Loungeが出てきますのでまっすぐ進んでください。

ちなみにさらに右にあるのがタイ航空のラウンジですね。

あとは中に入って階段を上がって右に行くと、ラウンジがあります。

ラウンジに入るには、プライオリティパスと搭乗券が必要です。

 

プライオリティパスは「なんでもっと早くつくらなかったんだろう。。」と後悔するくらい、とてもおすすめ。

海外に年に1回でも行くのなら、絶対に持っておくのをおすすめします!

 

まとめ:カトマンズ空港でもラウンジを使って快適に旅をしよう!

ネパールのトリプバン空港にあるラウンジを紹介しました。

ネパールでの旅は面白いですが、お腹を壊したり、暑かったりと過酷なこともあるでしょう。

その疲れをラウンジで癒して、快適に日本に帰ってくださいね~。

 

The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

まるでウルルンな滞在!「第二の家族」に出会う旅!

2019年3月。

「思い入れのあるネパールで
何かいいことしたいんです」

そんなことを言って、
3年働いた会社を思い切って退職しました。
なのに、私の気持ちは、清々しいというよりは、
どんよりとした曇り空のように
モヤモヤしていました。

なぜなら、ネパールに移り住むために、
会社を辞めたはずなのに、
ネパールに行くか、
日本の会社に転職するか悩んでいたからです。

それから5月のリトリートツアーに
参加する前の約2カ月間、
自分がネパールで何をしたいのか確かめるかのように、
いやむしろ、ぼやっとした自分のしたいことが
人から認めてもらえるものなのか確かめるために
いろんな人に会っては、話を聞いたり、
自分のやりたいことの想いを話したりしました。

そんなとき、ある会社の代表の方から
こんなことを言われました。

続きはこちら。