ネパールでもラーメン!もはや日本と同レベの本格ラーメン屋さんとは?




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

海外にいてもどうしても食べたくなっちゃうもの。

それが我らの心を掴んで離さない食べ物、ラーメンです。

海外にいると無性に食べたくなってしまいます。

 

そんなラーメンですが、ここネパールでもいよいよ時代がやってきました。

何かというと、日本と同じレベルのラーメンが食べられるラーメン屋さんがついにオープンしたのです。

早速食べてきましたので、感想を紹介します。

 

日本レベルのラーメンが食べられる「Hokkaido Ramen House」

そんなありがたい限りのラーメン屋さんがこちら!

「Hokkaido Ramen House」さんです。

門が鳥居になっていてめちゃくちゃインパクトがありますね。。

鳥居の中に入っていくと、お店の入口がやってきました!

でかでかとドアに貼られた「RAMEN」の文字で、もはや食欲がそそられます。。(病気か)

店内に入ってみると、めちゃくちゃきれい&オシャレ!

正直、ラーメンがおいしければ汚いお店でもいいですが、きれいに越したことはないですね。

おいしいラーメンがさらにおいしくなるような雰囲気でした。

 

ラーメンのメニューは3種類!

肝心のラーメンですが、メニュー表を見ると3種類ありました。

「鶏醤油ラーメン」、「鶏豚極み醤油ラーメン」、「ラーメン・エベレスト」の3種類です。

上2つに関してはスープがあるいわゆる普通のラーメンで、なんと「ラーメン・エベレスト」は汁なし!

まさか、まさかの油そばなのです!

僕は油そばが大・大・大好きなのですが、まさかネパールで食べられる日が来るなんて。。

 

というのも、油そばってスープがない分、麺が命なのです。

つまり、麺に自信がないと、出せない一品なんですね。

それもあって、感激しながら迷わず僕は「ラーメン・エベレスト」を注文しました。

 

ちなみにラーメン以外にも丼ものやちょっとしたおかずも結構ありましたので、そこも嬉しいところですね。

 

いよいよ、ラーメン様のご登場です

さて、こちらがお待ちかねのラーメン様です!

どーん!「ラーメン・エベレスト」!

ネパールでよくある「メニューの写真と全然違うじゃねえか詐欺」は全くありません。

むしろ、写真で見るより圧倒的においしそう。。

 

具はキャベツが珍しいですが、鶏チャーシューと豚チャーシュー、ネギ、玉ねぎに加えて、メンマまでありました。

これは具だくさんでおいしそう!

 

かき混ぜて麺を持ち上げてみると、ツルツルでコシがありそうな太麺!

もう我慢できずに食べてみると、一瞬で日本にいるかのような錯覚に襲われました。

もはや、お世辞抜きでうまいです。

日本のラーメン屋さんで食べるような感動の味わいがありました。

 

一緒に来ていた妻はオーソドックスな「鶏醤油ラーメン」を食べましたがこちらもおいしかったですね~。

よりシンプルで女性でも食べやすいさっぱりとした味わいが特徴的でした。

 

そんなこんなで、あっという間に完食。ほんと、おいしかったです。

味は文句なしだし、量もちょうどいい。

あとは強いて言うなら、餃子セットとかあるともっと最高だなと思いましたが十分最高でした!

 

値段はネパールの物価からすると少し高め。

13%の税金もかかるので、1杯大体600~700円台します。(1ルピー=約1円)

ただカトマンズで日本レベルのラーメンがこの値段で食べられると考えたら圧倒的に安いと感じました。

 

場所はタメルから少し遠い!Park Village Resortというホテル内にあります

最後にアクセス情報です。

ブダニールカンタというちょっとした名所になっている寺院の近くにあります。

タメルからだと車で30~40分はかかるのでタクシーを使うのがベストでしょう。

このPark Village Resortはホテルで、そのホテルの敷地内にラーメン屋さんがあります。

このホテルもすごく自然が豊かで、カトマンズとは思えないくらい空気がきれいでいい場所なんですよ。

1泊の料金も1万円もしないで泊まれるので、おすすめです。

 

Hokkaido Ramen Houseさんのホームページはこちらです。

公式サイト

本当においしいのでラーメンが食べたくなったら行ってみましょう!

 

The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ