ポカラで日本食レストラン「フジヤマ」に行ったら生き返った話




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

実は世界一コスパの良い日本食天国・ネパール。

そんなネパール有数の観光地・ポカラでも小さな町とは思えないほど、日本食レストランがあります。

その中でもおすすめなのが「フジヤマ」です。

 

なぜかというと、僕は「フジヤマ」でおいしい和食を食べさせてもらったら本当に生き返った心地がしたからです。

 

トレッキング帰りで疲れている方。

ネパール料理が口に合わなかったり、西洋料理に飽きてしまった方。

あるいは単純に日本食が食べたくてしょうがない方(笑)

 

そんな方に向けて、フジヤマの魅力と実際に食べてみた感想をお伝えします。

 

 

背景:前日に、まずすぎる韓国料理を食べて死んでいた

フジヤマそのものの魅力を語る前に、なぜフジヤマを訪れたのかを簡単に説明します。

 

フジヤマを訪れる前日、韓国料理が食べたくなって僕と妻で食べに行くことにしたんです。

ホテルの近場にあるレストランを2軒のぞいたのですが、チヂミが置いてあるお店がありませんでした。

どうしてもチヂミが食べたかったので、暑い中、さらに15分ほど歩いて目当ての韓国料理屋さんに行ったのですが、なんとお休み。

 

めちゃくちゃショックを受けて、肩を落としていたときにたまたま別の韓国料理屋さんを見つけました。

そうしたらチヂミもあったので、中に入ると、めちゃくちゃおいしくて、よかったです!

っていうのが普通の話ですよね(笑)

 

ところがそのたまたま入った韓国料理屋さんがめちゃくちゃまずかったのです。。

「あの~これ自分で食べたことありますか。。」と聞きたくなるレベル。

ご飯がおいしくないと、本当にがっかりするんですよね。

 

もう二度とあんなガッカリ感は味わいたくない!!

ならば、日本食なら安心だろうと思ってフジヤマに行くことにしたんです。

 

フジヤマ(富士山)で食べられるメニューをご紹介!(2019年6月現在)

いざ入店すると、すごく清潔感があっていい感じ!

ここならまず間違いなくおいしいご飯が食べられるだろうとこの時点で確信しました。

 

そして、メニューを見るとびっくりしました。

きれいな写真がついていてとても見やすい!

ネパールでは、そもそもメニューに写真がついていること自体が少ないのでお客さん想いが伝わってきます。

 

実際に全部写真に撮ってきたので見てみてください。

メニューもすごく充実していますよね!

あと特徴としては他の日本食料理屋さんに比べて、麺料理がたくさんあるのが特徴的だと感じました。

焼きそばや焼うどんってあるようであまりないので!

 

実際にフジヤマ(富士山)で頼んだ料理と感想!

数あるメニューの中で注文したのは、こちら!

 

まずはラーメン!

麺がもっちりしていて、どっちかというと少しうどんっぽかったですが、コシがあっていい感じでしたね。

日本のラーメン屋さんの味と比べてしまうと酷ですが、海外で食べるラーメンとしては十分おいしかったです。

 

続いて海老巻!

個人的にはこれが一番おいしかったですね!

エビがサクサクに揚げてあって、エビフライとお寿司がどちらも味わえるお得感がありました!

 

妻は天津丼をオーダーしました。

甘ダレがちょっと京風っぽい味でおいしかったですね。

ご飯がすんごい量でボリューミーでした!

 

麺、巻物、丼と全然種類が違うものを頼みましたが、どれも総じておいしかった!

前日の韓国料理がまずすぎたのと比べたら、天と地の差!

本当に生き返った感じがしましたね。

 

他にもメニューはたくさんありますが、恐らくどれを食べても大外れすることはないと思いますよ。

 

 

フジヤマ(富士山)のアクセス情報

最後にアクセス情報です!

レイクサイドのちょうど真ん中あたり。

なので、レイクサイドのホテルに泊まっているのであれば、大体どこからでも歩いて10分くらいで行けるかと思います。

 

ネパール料理が口に合わなかったり、西洋料理に飽きたり、トレッキングで疲れているならぜひ行ってみるといいですよ。

生き返った感覚を味わえると思います!

 

ちなみにポカラで日本食なら、こちらのお店もおすすめです!

ポカラで日本食!満腹必須の「青空」で心も身体も元気になろう

The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

まるでウルルンな滞在!「第二の家族」に出会う旅!

2019年3月。

「思い入れのあるネパールで
何かいいことしたいんです」

そんなことを言って、
3年働いた会社を思い切って退職しました。
なのに、私の気持ちは、清々しいというよりは、
どんよりとした曇り空のように
モヤモヤしていました。

なぜなら、ネパールに移り住むために、
会社を辞めたはずなのに、
ネパールに行くか、
日本の会社に転職するか悩んでいたからです。

それから5月のリトリートツアーに
参加する前の約2カ月間、
自分がネパールで何をしたいのか確かめるかのように、
いやむしろ、ぼやっとした自分のしたいことが
人から認めてもらえるものなのか確かめるために
いろんな人に会っては、話を聞いたり、
自分のやりたいことの想いを話したりしました。

そんなとき、ある会社の代表の方から
こんなことを言われました。

続きはこちら。