ここが変だよネパール人!愛すべきネパリの特徴と性格を表す爆笑事例15選




The following two tabs change content below.
Keppy
1988年、神奈川県川崎市生まれ。
高校では日本画、油絵、陶芸、金工の基礎を学ぶ。
大学では芸術学部で日本画を専攻。
18歳から、都内や横浜を中心にHiphopやReggaeのイベントでライブペインターとして活動。
飲食店の看板を描いたり、イベントの会場装飾などを手がける。
5年間、中学校で美術科教員として勤務。
その傍ら、ウェルカムボードの制作やグループ展などに参加。
2015年3月で教員を退職。
美術館でのアルバイト、似顔絵師プロ養成コースの受講、大地の芸術祭のこへび隊経験などを経て、2016年2月から約1年、ネパールの学校でボランティア活動を経験。
現在は再び教員の道へ。

ナマステ!
ネパールの学校で1年間ボランティアをしていたKeppyです。

ネパールの魅力そのものである、ネパール人。
彼らって本当に愛すべき存在なんですよね~。
愛くるしいっていう言葉がピッタリ…。

そんなネパリたちの不思議な魅力が分かる事例を、私が体験した日常生活での出来事から紹介していきます。
ネパールの人達の性格や特徴がよく分かりますよ。
そして、なんか彼らの愛くるしい魅力にどっぷりハマってしまいますよ!それではいってみましょう!

注意
ネパールには様々な民族の人がいるので、一概に「ネパールはこう!」とひとまとめにできません。
あくまでも、著者の経験談として参考までにお読みください

 

①4時間歩くのも普通!?徒歩圏内が驚異的なネパール人

カカニの丘という場所への行き方をある先生に聞いた時。
学校のすぐ裏だから歩いて行けるよ!と言う。

えっそんなに近いの!
テンション上がり、「どれ位で着くの?」と聞くと、

「うーん、4時間位かな?」

と言われる。…

えっと、徒歩圏内広すぎじゃないですか?

 

②満員バスで、「私の膝の上に座れ」と言ってくるおばちゃん

満員状態のバス内で立っていた時。
天井も低く前から押され中腰状態。
大分揺れるしキツイなぁ〜と思っていた矢先、「お嬢ちゃんここ座りな」と後ろから声が。

振り返るとオバちゃんが膝を叩いてニコニコしてる。えっ膝の上?(いやさすがにそれは…)
しかし極限状態を迎え、そのまま腰を下ろす私。
異国の地で見知らぬオバちゃんの膝の上に座るアラサー女子。

 

③名前も連絡先も知らない人と手をつないで帰るお姉さん

最終バスが行ってしまい、タクシーも捕まらず、バス停にいた人達と歩いて帰る事に。
すると、隣にいた女性に突然ギュっと手を繋がれる。

えっ知人?!いや違う、どう考えても知らない人。
でも彼女は数年来の友達のように話しかけてくる。
振り払うのも変な感じで、ちょっぴりドキドキしながら歩く事数十分。

彼女の家の近くに差し掛かると、そのままbye!と去って行った。
ちなみに、名前も連絡先も知りません。

ネパールでは同性の友達同士が手をつなぐのが普通らしく、手つなぎおじさんもいますよ。

 

④買い物した時のお釣りとして、飴を渡してくるお姉さん

スーパーでちょっと買い物。計97円。
100円札を出して、お釣りの小銭を待っていると、レシートと一緒に手渡されたのは、レジ前に置いてあった飴3つ。
表情も変えずに手の上にポンと置いてくれるお姉さん。おぉ、コレがお釣りか!笑

 

⑤電線が火花を散らしながら落ちてもぽっかり眺めるネパール人

道を歩いていた時。
「バリバリバリっ!!」とものすごい音が聞こえてきた。
見ると道路の反対側で、電線がバチバチと火花を散らしながら落ちて行く瞬間!

工事中のような人が、「あれま〜」的な顔でぽっかり眺めてる。
立入禁止になっている訳でもない。
私の後ろを歩いていた知らないネパール人と、全く同じタイミングで頭上の電線を見上げ、ザッと遠ざかった。

以心電信。

ちなみにこのナスの標識を解読できる方、いらっしゃいましたらご連絡ください。

 

⑥学校の教室の中に鳩の巣!鳩と子どもが1つ屋根の下で共存

学校の教室にて。
子ども達の右上から、何やら視線を感じる。
見上げると、なんと鳩が巣の上に座っていた。えっ教室の中だよねココ?!

この写真の右上に見えるのが鳩の巣。
確かに窓は全部ないので行き来は自由だけど…。
普通にしてる子ども達もスゴイし、鳩もスゴイ。
そういえば、この辺の街じゃ、肉屋でも八百屋でも夏はどのお店の中にも燕の巣があった。共生力ハンパない。

 

⑦スーツの白い汚れを黒いペンキで塗り直す男性

学校の看板の塗り直し作業をしていた時。
いつもスーツをバッチリ着こなしている男の先生が「黒いペンキある?」と近づいてきて、

「このスーツに塗って欲しいんだけど」

と履いてるズボンを見せてきた。

ハァ?!なんと、白い汚れをペンキで隠したいようだ。
私 :「さすがに人のスーツにペンキ塗れないよ!」と断ると、
男性:「じゃあ自分でやるか〜、」

とブラシを取ってシャカシャカとペンキをズボンに塗りたくる。
パッと見目立たなくなると、オッケー!と満足してニコニコ去っていった。

 

⑧藻がビッシリと浮いた溜池で服を洗濯するおばちゃん

※写真はイメージです

ネパールには、街の所々に人口的な溜池がある。
何百年も前からありそうな、藻がビッシリと浮いた古池に行った時。
「汚いね〜」と友達と話していると、視界に洗濯をするオバちゃんが入ってきた。

マジ!!!絶対、服が緑色になるでしょ、むしろ臭くなるでしょ…と、ビビる私達。
ふと気がつくと、カモの死体もプカプカと浮いている。オバちゃん強し。

 

⑨洗い終わった洗濯物を地面の上に置いて乾かすおばちゃん

村の家に行く途中、山道を歩いていると、道端の芝生の上に服がズラ〜ッと並べてあった。
「あれ?なんでこんな地面の上に?」
気がつくと、どうやらココだけではなく、あちらにも、こちらの芝生の上にも並べてある。

一体なんなんだ?ネパール人に聞いてみると、

「えっ、干してるだけじゃん。何が不思議なの?」

 

と返された。

洗濯物を、地面に直接置いてしまうのか!!!という、衝撃。

 

⑩学校の校庭でバイクの免許を取るための練習をする先生

テスト前の学校がお休みの日。
テスト作りの為に先生方は来ていたが、パソコンは少ししかなく、時間を持て余していた先生方が校庭で集まって石で線を描いていた。
大きな8のような物を描き終えると、なんとそこへバイクで乗り込んで、8の字の練習をし始めるではないか。

校庭で免許取る為の練習してる!ってか、そのバイク乗ってきてたよね?(笑)

聞けば田舎の方なんて、免許持ってない人の方がたくさん。
警察に捕まると困るので、街には出ないバイカーも多いようです。

 

⑪朝5時から学校が始まり、7時に終わる11年生

街で、朝7時過ぎにバスに乗り込んだ。同じ制服を着た学生達が乗り込んでくる。
あーこれから学校行くのかなぁ、と思っていると、みんなそれぞれの場所でバイバイー、と降りてゆく。
あれ、学校は?と聞いてみると、終わって帰るところだと言う。

なんとこの子達のクラスは、朝の5時から始まり、7時で終わるそう。(11年生)
ネパール人の朝が早いのは知っていたけど、、いやぁ、先生何時に来るんでしょう?

 

⑫修学旅行のバスに職員室のイスを詰め込む先生

今日は3年に一度の学校バスツアー。
大型のツーリストバスを貸し切って、7年生より上の生徒がいわゆる修学旅行に出かける日。
さて、全員乗り込む。が、椅子がどうやら足りない。2人掛けに3人詰めて座る。それでもあと数人分足りない。

すると、先生が生徒に

 

「おーい、職員室から椅子もってこい!」。

 

そして職員室の(普通の)椅子を座席の間に詰め込み、笑顔で去って行くみんな。どうか無事な旅を…!

 

⑬どんなジャンルでも、映画には常に踊りが入ると思っている子ども達

寮に、ついにテレビが来た。
夕食を食べて、電気が来る8時から1時間位がテレビタイム。
今日もインド映画、ネパールドラマ。

アクションであろうと恋愛物であろうと、必ず踊りが入るこちらの映画。
それも男女が目が合った瞬間にタラララ〜〜と場面が変わって宮殿で踊り出したり、高原で踊りだしたりとなかなかユニーク。

面白くなって「なんでこっちの映画ってみんな踊るの?」と笑いながら聞くと、
テレビを観ていた子ども達、一斉にバッと振り返り

「えっ?!日本の映画は踊らないの?!!!」

 

踊りません。。

 

⑭歯が痛い時は香辛料を歯に突っ込んでかじる先生

歯が痛いとぼやく、とある先生。
「歯医者行きなよ〜」と提案するも、ネパール人は病院嫌いが多く、痛そうにほっぺを抑えているだけ。
すると、急に思い出したように、ポケットから安全ピンを取り出して針の部分で虫歯をガシガシやり始めた。
えっ!そしてお次は寮から油と塩を持ってきて、ペースト状にして歯を磨き始める。
えぇ!更に香辛料を歯に突っ込んでかじり、痛みが治まったと言う。えぇぇ…。

こちらがその香辛料。


ちなみに、お爺ちゃんとかは歯が痛い時はタバコを突っ込むようです。

 

⑮目の前の蜘蛛でヨーヨー遊びをする子ども達

寮で子ども達と座って話していると、目の前に蜘蛛がやって来た。
ちょっと避けて様子を見ていると、子どもは「ケイコマムこれ嫌いなの?」と普通に手に取る。

その後、立ち上がって蜘蛛を下に投げた。
すると蜘蛛は糸を伝ってシュルシュルと上に登ってくる。
上まで来たところで、またヒョイっと投げる。楽しげに繰り返す子ども達。

 

これは…蜘蛛ヨーヨー!?まさか蜘蛛にこんな遊び方があったとは!

 

こっちの子どもは、本当に逞しいです。

 

ネパール人の超魅力的な性格&特徴が分かりました?ぜひ一度、ネパールに行って直に体験してみよう!

私が1年間、ネパールに住んでいる中で経験した、ネパールの人の不思議なところを紹介しました。
ざっくりまとめると、ネパール人の性格や特徴はこんな感じでしょうか。

ネパール人の性格&特徴
・親切で優しく、超フレンドリー
・形式にとらわれない独創的な発想
・自然や動物とは共存
・細かいところは気にしない&適当
・大人も子どもも歌と踊りが大好き

なんだかたまらなく魅力的じゃないですか?
そんなあなたはぜひ一度ネパールに行ってみてください!

 

ちなみに、ネパール人男性の女性の好みを、元カレがネパール人で有名なあの女芸人さんで調査してみました。

あわせて読みたい

ネパール人22名に聞いた!ブルゾンちえみは本当にモテる?&石原さとみより彼女にしたい?

The following two tabs change content below.
Keppy
1988年、神奈川県川崎市生まれ。
高校では日本画、油絵、陶芸、金工の基礎を学ぶ。
大学では芸術学部で日本画を専攻。
18歳から、都内や横浜を中心にHiphopやReggaeのイベントでライブペインターとして活動。
飲食店の看板を描いたり、イベントの会場装飾などを手がける。
5年間、中学校で美術科教員として勤務。
その傍ら、ウェルカムボードの制作やグループ展などに参加。
2015年3月で教員を退職。
美術館でのアルバイト、似顔絵師プロ養成コースの受講、大地の芸術祭のこへび隊経験などを経て、2016年2月から約1年、ネパールの学校でボランティア活動を経験。
現在は再び教員の道へ。

Facebookページに「いいね!」で更新通知が受け取れます


ネパールに関する最新情報をお届けします!
「いいね!」はいつでも外せるので、
まずはお試し感覚で「いいね!」してみましょう!