マレーシア航空で行く!カトマンズ→成田間の移動 完全ガイド☆




The following two tabs change content below.
べじもも

べじもも

好きなものは人、言語、お酒!念願のアジア暮らしをネパールでスタート。 目標はネパール人に間違われるくらい、ネパール語ペラペラになること! 予想外のできごと&ツッコミどころ満載のネパールで、楽しい毎日を送っている。

ナマステ!

さあ、ネパールへ行こう!

となったとき、まず予約しなければならないのは飛行機ですね。

日本からネパールに行くには、様々な行き方があります。
2017年7月現在、ネパール・日本間に直行便はないので、どうしても他国を経由して行くことになります。

今回は以下の記事の、おすすめの行き方コスパ No.2 のマレーシア航空をレポートいたします!
初めて使いましたが、なかなか良かったですよ☆

ネパールへの行き方!主要5路線を徹底比較&格安航空券を紹介!

2017.06.04

概要

移動日  : 2017年6月半ば

移動経路 :
カトマンズ(ネパール)- 乗り継ぎ@クアラルンプール(マレーシア)- 成田(日本)

移動時間 :
① カトマンズ(ネパール)→クアラルンプール(マレーシア) 4時間40分
② クアラルンプール(マレーシア)→成田(日本) 7時間10分

利用クラス: エコノミークラス

荷物制限 : 預け荷物30kg(30kg内なら、カバンはいくつでも可) / 手荷物7kg

航空券代 : 8万5千円ほど

今回レポートする移動は、カトマンズ➡成田の片道(往路)です。

ただし上記にある航空券代は、復路も合わせた往復の値段です。
ネパール発着の航空券で、期間も2か月以上空くため、日本発着の便とは値段が少し異なると思います。
あくまで参考程度にされてください。

① カトマンズ(ネパール)➡クアラルンプール(マレーシア)

マレーシア航空のカトマンズ-クアラルンプールは、毎日出ています。

出発時間は13:05ですので、遅くとも11時には空港に着いている必要があります。

私が利用した日は、遅延することなくほぼ定刻通りに出発しました。

あれが、搭乗する航空機だ!

機内の様子

外からだと大きく見えましたが、入ってみると思いのほか・・・
エコノミークラスは、通路の左右に3列ずつ、1列で6席だけです。

乗客はネパール人が多かったです。
私の横も、タマン族と思われるご夫婦でした!

そして覚悟していた、飛行機にありがちな機内の寒さですが・・・

意外や意外、寒くなかったです!!
快適な温度で、気持ちよく過ごせました。

映画見るやつもありました☆

カトマンズの上空 いつも一抹の寂しさを感じてしまいます・・・

お楽しみ!?の機内食

飛行機のお楽しみといえば、やっぱり機内食ですよね!
そんなにおいしくないって分かっているのに、どんなメニューが出てくるのか楽しみになっちゃうのは、私が食いしん坊だからでしょうか。

カトマンズ-クアラルンプール間では、食事が1回出ました。

離陸してしばらくしないうちに、食事を乗せたあのカラカラ鳴るやつとともにフライトアテンダントがやってきました!

フライトアテンダント: Fish, Lam or Beef ?

そうだよね~
フィッシュ、魚ね。いいね。

 

ラム?へー、ラムもあるのね。

 

ビーフか~

 

ん?

え?

 

えええええええーーーーーー??????
ビーフ!? ビーフ???

 

まだネパール出たばかりなのに!?(乗客ほとんどネパール人だし)

ヒンドゥー教徒が多いネパールでは、ビーフはなかなか食べられません。

まあ、マレーシア航空だし、ビーフ出てもおかしくないか・・・

と、久しぶりにネパールを出る身としては、かなりの衝撃がありました。
(でも頼んだのはフィッシュ。やっぱりおいしくなかったから、どうせならビーフにすればよかった)

左上のジャガイモのおかずなんかは、ネパールの味付けに近くて早速ネパールシックになりました
アップルジュースも、ネパールでよく見るやつです

②クアラルンプールで乗り継ぎ

乗り継ぎ時間は3時間半です。
飛行機の乗り降り時間などを差し引くと、2時間半くらいですね。

短い!うれしい!

中国系の便は安いですが、乗り継ぎの待ち時間が軒並み10時間以上かかりますからね・・・

 

クアラルンプールの空港は、とにかくデカイ!!きれい!!広い!!
カトマンズのこじんまりした空港に慣れ親しむと、落ち着かないです。

そんな私が、クアラルンプール空港で驚いた点は3つ!!

1.看板に日本語がある

さすがクアラルンプール・・・

看板に日本語がある・・・

びっくりして二度見しちゃいました。

2.空港内にモノレールがある

成田行きの搭乗ゲートを探してウロウロ。

途中で左手にモノレール乗り場が出現。

クアラルンプール市内に行くモノレールか~」とスルーし、さらに数分ウロウロ・・・

やっと成田行きのゲート番号が分かり、向かうことに。

なんと・・・

 

成田行きのゲートに行くには、さっきのモノレールに乗る必要があったんです!!

 

ひえっ・・・

空港内に、駅がある・・
不思議・・・
近未来だ・・・

(この時点で日本に帰るのが怖くなる)

モノレールの乗車口

近未来・・・ でも日本の空港にも、ありましたよね確か・・・

3.日本人のビジネスマン&ツーリストが多い!!!

カトマンズの空港・機内と、やっぱりネパール人が大多数。
日本人はちらほら程度。

それが、クアラルンプールに降り立ったとたん、日本人多っ!!!

(成田行きだから、当たり前なんだけど)

特に新鮮だったのは、ネパールではほぼ見ることができない、スーツ姿の日本人ビジネスマン・・・

スーツに身を包み、ビジネス用の手持ちかばん&スマートなスーツケースを持ち、電話でビジネスの話をしている日本人ビジネスマン・・・

 

日本が近づいている感覚が、じわじわとやってきます。

③ クアラルンプール(マレーシア)➡成田(日本)

出発はマレーシア時間の23:30、成田に着くのは日本時間7:40です。
寝たらあっという間ですね!

日本に朝着くのもうれしい!
丸一日使えます。

ちなみに、成田行き搭乗の際には再度荷物検査がありました。
飲み物は持ち込めないかもしれないので、お気をつけください!

機内の様子

クアラルンプール-成田間は、カトマンズ-クアラルンプール間に比べて機体が大きく、乗客も多かったです。
席は2列・4列・2列でした!

日本人も多かったですが、マレーシア人が思いのほかたくさんいた印象です。
ネパール人もちらほら。

そしてこの便は、ウインドブレーカー必須なくらい寒かった!!!

やはりマレーシアは違うな・・・

機内の毛布一枚じゃ足りないくらいに寒い。
私も夏用カーディガンを持参していたものの、全く太刀打ちできない・・・
カーディガンの網目から風が入り込む・・・

寒がりな日本の方は、ウインドブレーカーをお持ちになることをお勧めします。

お楽しみ!?の機内食

また離陸してしばらく経たないうちに、お夜食が運ばれてきました!

食事をすれば、多少は体も温まるだろう・・・ホッ

時刻はマレーシア時間で0時頃。
深夜のためドカっとした食事ではなく、軽食でした。

軽食はベジロールかチキンロールの選択 ピーナッツもつきます

多少体もあったまり、就寝・・・

寒さで途中少しつらかったですが、眠さが勝ってなんだかんだ眠れました。

そしてお決まりの・・・

食事が運ばれてくる音で起床。
日本時間5:30、昨日までいたネパールの時間では2:15(!!!)で、もちろん全く食欲ない・・・

メニューにも驚きの変化が!!!

なんと!!

フライトアテンダント: Spicy chicken or Miso chicken?

味噌!!!???

味噌を使った食事が機内で出るなんて・・・!!!

感動しました。

でも、味噌チキンあんまりおいしくなかった・・・涙

無事、成田に到着

予定通り、朝7:40ごろに成田に到着。

朝で到着便も少ないため、8:20には預け荷物も回収して空港を出ることができました!

ただ朝のラッシュにかかるので、電車内はそれなりに混雑していました。
電車移動で苦労したくない人は、平日よりも休日の朝に到着する便を利用するといいかもしれません。

まとめ

今回はマレーシア航空での移動をレポートしました!

ネパールに行かれる際は、移動の候補にされてくださいね🎶

The following two tabs change content below.
べじもも

べじもも

好きなものは人、言語、お酒!念願のアジア暮らしをネパールでスタート。 目標はネパール人に間違われるくらい、ネパール語ペラペラになること! 予想外のできごと&ツッコミどころ満載のネパールで、楽しい毎日を送っている。

Facebookページに「いいね!」で更新通知が受け取れます


ネパールに関する最新情報をお届けします!
「いいね!」はいつでも外せるので、
まずはお試し感覚で「いいね!」してみましょう!