【注意喚起】バスが転落し31人死亡。ネパールで夜行バスには絶対に乗っちゃダメ




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

ナマステ!

今日は暗いニュースをお伝えします。

ネパールで、夜行バスが川に転落する事故が発生し、31人が死亡する大事故が発生しました。

ネパールに住んでいる者からすると、バスが落ちるのは「またか」っていうのが本音です。

でも、今回の事故は30人以上が亡くなっていることを考えると大きな事故です。

そんな事故を受けて、ネパールを旅行されている人に、どうしても伝えたいことがあるので、記事にしました。

 

在ネパール日本大使館からも注意喚起のメールが出されています

在ネパール日本大使館からも以下のメールが発信されています。

在ネパール大使館の注意喚起(安全情報17-30)

10月30日

夜行バスの重大事故発生に伴う注意喚起

ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

在ネパール日本国大使館

(内容)
1.10月28日早朝6時頃、ネパール首都カトマンズの西約60キロのダディン郡での幹線道路プレティビーハイウェイにて、サプタリ郡からナランガード・ムグリン道路を通ってカトマンズに向かっていた50名以上を乗せていた大型バスがトリスリ川(Trishuli River)に転落し、少なくとも31名が死亡、16名が負傷する大事故が発生しました。
現在までのところ日本人被害の情報は入っていません。

2.ネパールでは、天候、季節、各種イベントによって交通障害が起こりやすく、予定通りに運行できないことが頻繁に起こります。
ドライバーはこれらで起こった遅延を取り戻すべく、過度にスピードを出したり、無理な運行状況下でも走行したりしたりするので、このような大事故が度々発生しております。
交通手段選択時は、安易に値段だけで決定せず、天候、季節、道路運行状況、風評、各種イベントの実施状況などを考慮して慎重に選んで移動してください。

※ この情報は,お知り合いや旅行者等にもお知らせください。
※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら,大使館へ在留届を提出するようおすすめ願います。
※ 近く帰国・離任を予定されている方,または既に帰国されている方は速やかに大使館までご連絡下さい。
※ このメールの配信を希望されない方は,大使館までご連絡下さい。

大使館代表電話 4426680
※ 閉館時(休館日や夜間など)には、上記電話から緊急電話対応者に転送されます。

 

ネパール旅行は移動に時間がかかる…それでも夜行バスは使わないこと

ネパールでの旅行は移動に時間がかかります。

特に、メインの移動手段であるバスに関しては、日本のように高速道路が整っていないので、都市間の移動は半日かかるのも当たり前です。

 

「せっかくの旅行で時間は限られているから、昼間の半日を無駄にしたくない。。」

 

その気持ちは分かります。

でも、だからといって、夜行バスは絶対に使わないでください。

 

例えば、カトマンズからポカラへ移動するときに、夜行バスもあることはあります。

カトマンズからポカラへの行き方を徹底比較!移動手段はバスor飛行機?

 

でも、今回のバス事故も夜行バスだったように、夜行バスは本当に危ないです。

昼間にバスに乗ると分かりますが、ネパールは山国なので、崖みたいな道を走っていくことがほとんどです。

そんな昼間でも危ないのに、夜は道がすいているので、ドライバーは猛スピードを出します。

 

人が良いネパールの人ですが、ハンドルを握るドライバーは本当に運転が荒いです。

冗談抜きで、いつ事故を起こしてもおかしくないですし、死んでもおかしくありません。

たとえ大ケガで済んだとしても、ネパールの医療事情を考えたらかなり危険ですよ。

 

命を落とさないことが何よりも大事です。

ネパールの旅行では、絶対に夜行バスは使わないでくださいね。

 

ネパールを旅行するなら「たびレジ」への登録をしておこう!

ネパールは犯罪などは少ないのですが、結構突発的な事故やストライキが起きたりします。

 

なので対策として、「たびレジ」に登録しておきましょう。

これは外務省が提供している海外の安全に関するサービス。

先程紹介したような安全情報に関するメールが、在ネパール日本大使館から届くようになります。

 

特にバンダ(ゼネラルストライキ)は現地のネパール人でさえ予定を知らないことが多いです。

そういう意味では、大使館からのメールはかなり重宝しますよ。

 

登録手続きも超簡単!

メールアドレスを登録するだけですので、1分もあれば終わりますよ。

ホームページはこちらです。

重要な情報をしっかり入手して、ネパール旅行を楽しみましょう!

ネパールの治安に関する7つの知識はこちら!

【保存版】ネパールの治安!安心して旅するために知っておきたい7つのこと

The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

限定10名!ExpediaやBooking.comよりホテル代が安くなる秘訣を教えます!

旅行でどうしても出費がかかってしまうのがホテル代です。
でもそんなホテル代がたとえば半額以下になったらどうですか?

浮いたお金で、
少し高めのレストランでおいしい食事を楽しむのもよし。
ツアーに参加して飛行機でヒマラヤを観るのもよし。
かわいいお土産を買うのもよしですよね。

実はExpediaやBooking.comよりホテル代が安くなる方法があるんです。
しかも無料で!

もっとネパールでの旅を楽しんでほしいのでご紹介しますが、
あいにく、僕の身体は1つしかありません。

そこで毎月10名限定で、
その方法を教えますので、
ご興味ある方はLINE@に登録ください!