世界一の日本食天国ネパール!在住者おすすめレストラン6選




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

突然ですが質問です!

「ネパールと言えばで思い浮かぶものはなんですか?」

ヒマラヤ山脈?ブッダの生誕地?殺人的な人懐っこさ?

 

どれもネパールの魅力ですが、実はもう1つ声を大にして伝えたい魅力があるんです。

それが日本食!ネパールの日本食ってほんと最高なんですよ。

「うまい・安い・バラエティ豊か」の3拍子が揃っていて、海外の中では恐らく世界一日本食のコスパが良い国でしょう。

 

そんな日本食天国ネパールのおすすめ日本料理屋さんを紹介していきます。

在住歴3年ちょっとで、そこら辺の旅行者より何度も足を運んでいますので、ぜひチェックしてみてください。

世界一周中の方、インドなどの近郊の国に住んでいて日本食が恋しい方必見です!

 

カトマンズのタメル近辺:14軒もの日本料理屋さんが集中するメッカ

 

ネパールで最も日本食料理屋さんが集中がするのが、やはり観光客でにぎわうタメル地区。

この近辺だけで、なんと14軒もお店が集中しています。

タメル近辺の日本食料理屋さん
  • 桃太郎(定番中の定番・オールマイティ)
  • 絆(コスパ最高のどんぶり)
  • 和(オールマイティ・うどん)
  • こてつ(高級鉄板焼き・寿司)
  • こてつラーメン(お手軽ラーメン)
  • 古都(オールマイティ)
  • ふる里(オールマイティ)
  • おふくろの味(オールマイティ)
  • 小春(オールマイティ)
  • 一番(オールマイティ)
  • チャチャカフェ(パスタ・ハンバーグなど洋食系)
  • ちくさ(喫茶店)
  • ロータス(日本風カレー)
  • 東京居酒屋(オールマイティ)

 

ネパールの日本食業界はレベルが本当に高いので、どのお店もおいしいです。

ただその中でも、特におすすめしたいお店をいくつか紹介していきます。

 

①丼ぶりものを食べたいなら、間違いないのが「絆」

もはや有名になりすぎて紹介する必要性すらないかもしれませんが、やっぱりここは外せません。

丼ぶりものを食べたいなら、迷わず「絆」に行きましょう。

名物は「すた丼」ですが、カツ丼、天丼、親子丼なんかもあって、どれも味は文句なしにおいしいです。

しかも嬉しいのは、他のお店よりも少し値段が安いところ。

フードコートのようなお店の形式が影響しているんだと思いますが、丼が1杯300ルピー(約300円)~食べられるのは破格です。

 

場所がちょっとわかりにくいのが唯一の難点ですが、タメルの中心地にあります。

ストリートビューなどを使いながら行ってみてください。

 

②うどんが食べたいなら自家製面の「和」(なごみ)

日本食天国のネパールですが、正直言うと、今までは麺料理はいまいちだったんですよね。

でも最近は麺がおいしいお店も出てきていて、その1つが「和」というお店。

 

結構最近できたばっかりなのですが、ここは自家製麺が食べられるんですよ!

特にうどんが最高です。しっかりコシがあって絶品でした。(大体400~500ルピーくらい)

他にも定食や丼などメニューもたくさんあるのですが、ぜひうどんを食べてほしいです。

 

日本人御用達のゲストハウス「トラベラーズホーム」のすぐ近くにあります。

 

③ラーメンが食べたいなら、生ビールも飲める「こてつラーメン」

もう1つ麺料理で行くと、日本食で欠かせないのがラーメンですよね。

ラーメンも最近できたばかりの「こてつラーメン」というお店があります。

 

日本のラーメン屋さんと比べると少し厳しい部分もありますが、海外で食べるラーメンとしては問題なしです。

1杯500ルピー(約500円)くらいから食べられます。

生ビールも飲めるのでお酒好きにはたまらん組み合わせですね。詳細は別記事にしました。

NOTインスタント!ネパールで本格ラーメンが食べれるお店とは?

 

タメルから少し歩いて15分くらい歩きますが、十分徒歩圏内で行きやすいので行ってみる価値はありますよ。

 

④パスタ・ハンバーグ・オムライスなどの洋食系は「チャチャカフェ」

正確に言えば日本食ではないのですが、食べたくなるのがパスタやハンバーグ、オムライスなどの洋食系日本食です。

そんな洋食系を食べたくなったらおすすめなのが「チャチャカフェ」です。

写真を撮り忘れてしまったので公式FBページからお借りしましたが、こんな感じの洋食系の日本食が食べられます。

値段は一皿で大体350~500ルピー(約350~500円)くらいと、とてもリーズナブルです。

アクセスもしやすく、日本人御用達の超おすすめホテルの「フジホテル」の近くにありますよ。

お店の場所が移転していますので、ご注意を。下のマップの位置が最新です。

 

⑤食べたいものが決まっていないなら、ファミレス的な位置づけの「桃太郎」

ここまで食べたいものが決まっている前提でおすすめをしてきましたが、食べたいものが決まっていない場合もありますよね。

そんな時におすすめしたいのが「桃太郎」というチェーン店です。

 

丼や定食、寿司系もありますし、おつまみとなるような卵焼きやポテトサラダなどの小鉢や一品物もそろってます。

あとダルバート(ネパールカレー)もあったりと、ファミレス的な位置づけのお店ですね。

ちなみに僕はいつもカツ丼を食べます。個人的には桃太郎のカツ丼がネパールで一番うまいです。

 

値段も一品物なら、100ルピー(約100円)くらいで、メインとなるような丼や定食は400~500ルピーくらい(約400~500円)ほど。

コスパもいいし、メニューも豊富なので、使い勝手がいいですよ。

 

タメルの中心地にありますのでアクセスもタメルからだったら良いですね。

ちなみにポカラやパタンの方にもお店があります。

 

紹介しきれない!カトマンズ(タメル以外)の日本食料理屋さん一覧リスト

まだまだタメル以外にもお店がたくさんあるのですが、ものすごい分量になってしまうので一覧で紹介します。

タメル以外の日本食料理屋さん
  • CAFE U(パタン・大戸屋のようなオシャレ定食系)
  • マロニエ(パタン・洋食系)
  • 割烹しみず(パタン・創作料理)
  • だんらん(パタン・おしゃれな家庭料理)
  • おたふく(パタン・お好み焼き屋さん)
  • Mako’s(パシュパティナート・高級感あるオールマイティー)
  • たむら(タパタリ・高級感あるオールマイティー)
  • さくら(ボダナート・オールマイティー)
  • Sunset view(バネショール・蕎麦)
  • JNK(エカンタクナ・うどん)
  • Urutora(バルワタール・オールマイティー)
  • Sapporo(バルワタール・オールマイティー)

 

 

ポカラの日本食なら「青空」がおすすめです

ちなみにポカラにも日本食料理屋さんはあって、中でもおすすめなのが「青空」です。

丼、定食、巻物の寿司、うどん、ラーメンなど幅広くそろってます。

料金も大体300~500ルピー(約300~500円)くらいで、お腹いっぱい食べられます。


僕はカツカレーが好きです!チーズカツや梅カツも好きですね(どんだけカツ好き)

あとピリ辛唐揚げとか揚げ物が全般的においしいお店です。

 

レイクサイドと呼ばれるホテルやお店が密集したエリアから少しだけ坂を登るとあります。

ポカラにもたくさん!日本食料理屋さんリスト

タメル以外の日本食料理屋さん
  • 青空(オールマイティー・揚げ物系)
  • FUJIYAMA(オールマイティー・麺系)
  • たべものや(そば)
  • DBモモ(安めのなんちゃって和食)
  • 桃太郎(オールマイティー)
  • 古都(オールマイティー)

 

ネパール料理に飽きたら日本食を食べよう!心も身体も元気になります

日本食天国ネパールで在住者が選ぶ、おすすめの日本食レストランを紹介しました。

ネパール料理もおいしいですが、やっぱりどうしても飽きが来てしまう場合もあります。

そんなときは思い切って日本食を食べましょう!心も身体も元気になりますよ^^

The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

限定10名!ExpediaやBooking.comよりホテル代が安くなる秘訣を教えます!

旅行でどうしても出費がかかってしまうのがホテル代です。
でもそんなホテル代がたとえば半額以下になったらどうですか?

浮いたお金で、
少し高めのレストランでおいしい食事を楽しむのもよし。
ツアーに参加して飛行機でヒマラヤを観るのもよし。
かわいいお土産を買うのもよしですよね。

実はExpediaやBooking.comよりホテル代が安くなる方法があるんです。
しかも無料で!

もっとネパールでの旅を楽しんでほしいのでご紹介しますが、
あいにく、僕の身体は1つしかありません。

そこで毎月10名限定で、
その方法を教えますので、
ご興味ある方はLINE@に登録ください!