NOTインスタント!ネパールで本格ラーメンが食べれるお店とは?




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

「海外にいてもどうしても食べたくなっちゃう!!!」

それが、我らが日本の代表食、ラーメンです。

僕もネパールにいる間は、度々、禁断症状が出てしまい、食べたくて食べたくて震えてしまいます。。

 

そんなラーメンが食べられるお店が遂にネパールにもできました!

しかも結構な本格派です!

どこで食べられるか、そのお店を紹介します。

 

ネパールにもラーメンはあった。でもインスタントラーメン(チャウチャウ)だった

実はずっと前から、ネパールにもラーメンはあったんですよ。

それがインスタントラーメンです!

ネパール語で、チャウチャウって呼ばれてるやつですね。

いや、これはこれでうまいんですよ。。

たまに無性に食べたくなるジャンキーさがたまらない感じで。

しかも20ルピーだから、日本円で20円くらいですし。

 

でもでもでも!!やっぱり本格的なラーメンが食べたいときがあるんですよ。。

チャーシューとか海苔とかネギとかのってて、とんこつとか醤油とかの味がベースのお店で食べれるラーメンです。

そんなちゃんとしたラーメンが食べたい時が、ネパールにいてもあるのです。

 

ネパールのNo.1日本食レストラン、「こてつ」がラーメン専門店を開店してくれました!

そんなラーメン大好き野郎どものリクエストを叶えてくれたのが、「こてつ」という日本食レストランです。

ネパールって日本食レストランの激戦区なんですが、そんな中でも「こてつ」は味・価格ともにNo.1といっていいお店。

そんなお店がラーメン専門店を出してくれたのです。

こりゃ行くしかないと思って、早速食べに行ってきました!

 

メニューはこちら!醤油・豚骨・担々麺が食べられます!

メニューはいたってシンプル!

醤油・豚骨・担々麺の3つの味から好きなラーメンを選べます。

地味にサイドメニューまであるのが嬉しい。

 

あと驚いたのが値段の安さです!

もちろんネパールの物価と比較すると、結構高めの値段設定であることは間違いありません。

でも「こてつ」で何か食べると、なんだかんだ1品1000ルピーくらいするんですよね。

 

それを考えると、「こてつ」のラーメンなのに、450~600ルピーっていうのは非常にお得感がありました。

 

実際にラーメンを食べてみた感想は?

早速注文して待っていると、出てきました!念願のラーメンが!

僕はとんこつラーメン、連れはしょうゆラーメンを頼みました。

豚骨ラーメン

醤油ラーメン

 

写真だと見づらいかもしれませんが、どちらも海苔・チャーシュー・ネギ・ゆで卵がトッピングとしてのっています!

まさか海苔やチャーシューまであるとは!!!

めっちゃテンションが上がりました。

 

肝心の味はというと、普通においしかったです。

麺はやや細麺な感じで、太麺好きな僕からしたら少し物足りなさはありましたが、スープの味も美味。

 

豚骨も醤油も見た目は似ていますし、味も似ていましたが微妙に風味が違いましたね。

今度は担々麺を食べてみたいです。

 

ちなみに生ビールまで飲めちゃうよ

 

ちなみにさっきのメニュー表で気づいた人はいるかもしれませんが、実はここでは生ビールまで飲めちゃうんです。

飲みかけですいません(笑)

僕はお酒は飲めないのですが、連れがおいしそうに飲んでいました。

ラーメンだけでなく、生ビールまで飲めるなんてお酒好きの人にはたまらないですね!

 

「こてつラーメン」の場所はこちら!タメルからも歩いて15分ほど!

最後にアクセス情報です。

「こてつ」の本店はアンバサダーホテルの2階にありますが、「こてつラーメン」はアンバサダーホテルの敷地に入ってすぐのところにあります。

かなり目立つところにあるので見逃すことはないでしょう。

地図でみるとここです。

タメルから歩いて15分くらいで着くので、アクセスも悪くないです。

どうしても本格ラーメンが食べたくなったら行ってみましょう!

The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ