カトマンズでネパール料理の蒸し餃子「モモ」を食べるなら「モモハット」の一択だ




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

ナマステ!

ネパールと言えば、「ヒマラヤ」「ブッダ」「カレー」などいろんなイメージがありますよね。

でも、待ってください。ネパールと言えば「モモ」ですよ!

 

ネパール人も日本人も大好きな「モモ」。

今回は、カトマンズで一番おいしいモモが食べられるお店を紹介します。

 

ネパール料理「モモ」は蒸し餃子!食べずに帰れないソウルフード

と、その前にまずは「モモ」ってなんやねん?な方のために、「モモ」の説明をしましょう。

「モモ」とは蒸し餃子のこと。

もともとチベット圏で食べられていた料理がネパールに入ってきて、今ではネパールの人もみんな大好きなソウルフードになりました。

 

ただ作るのに時間がかかるので家庭料理ではないんですね。

よくネパールの人はお昼にお店で食べています。

 

中身も、味も日本の餃子とすごく似ています。

実際、タレにつけて食べるところも一緒。

 

でも、微妙に違うのは、ネパールのモモは水牛の肉を使ったものが一般的であること。

あと、ネパールのモモは一皿10個出てきます(笑)日本の餃子は5~6個でしょうか?

それに、日本の餃子は焼き餃子が一般的ですが、ネパールのモモは蒸し餃子が一般的です。

 

でも、ネパールのモモにもいくつか種類があるんですよ。

ネパール語でなんというかも書いておきますね。

 

■蒸しモモ(ノーマル)⇒モモ
■焼きモモ⇒コテモモ
■揚げモモ⇒フライドモモ
■辛いモモ⇒チリモモ
■スープモモ⇒ジョルモモ

 

皮は包んだものが一般的ですが、こんな風にオープンモモと呼ばれる皮が開いたものもあります。

 

モモは、チベット圏から入ってきた料理だけに、日本人にも親しみやすい味になってます。

実際、日本からゲストが来た時には必ず食べに行きます。

モモは、旅行でネパールに来たら絶対に一度は食べないと帰れないくらい、ネパール料理の定番なのです。

 

カトマンズで一番おいしいモモはタメルにある「モモハット」だ

 

じゃあそんなモモが一番おいしく食べれるお店はどこ?って話になりますよね。

僕もよく昼ご飯にモモを食べに行くんですが、旅行者におすすめしたいのはこのお店。

モモハット!

どっかの超有名ピザチェーンから完全に名前はパクってますね(笑)

でも、味は本物なんです!僕は旅行で来た日本の人を結構連れて行きます。

 

おすすめ①モモのバラエティが豊富!中身の具も調理方法も個数までアレンジ可能

一番のおすすめポイントは、食べれるモモの種類がとにかく多いこと!

こちらがメニューです。

豆腐やガーリックチーズのモモは他ではないですし、お肉系も他のお店にはないような具材が揃ってます。

しかも一番下には「Dessert」って書いてあって、デザートモモも食べられるんです!!!

 

調理方法も、先程紹介した5種類全部OK。

あと地味に嬉しいのは、5個からでもオーダーができるところ!

これだけ味が豊富にあるので、お腹いっぱいにならずにいろんな味を楽しめます。

 

僕が知る限り、これだけメニューが豊富で、調理方法も全部そろってて、5ピースから頼めるお店は他に知りません。

 

おすすめ②どれを食べても味がおいしい&ローカルのモモ特有のクセがない

でもこれだけ味の種類があっても、味がまずかったらどうしようもないですよね。

安心してください。

モモハットのモモは本当においしいんです!

 

これは豚のモモと、ホウレンソウを使った緑色のモモ。

 

こちらは焦げ目がついているのが、チキンの焼きモモで、手前がガーリックポテトモモ。

これがね、どれを食べても全部うまいんですよ。

 

よくモモがおいしいって紹介されるローカルのお店って、使っているお肉が水牛なんですね。

まあこれはこれでおいしいんですが、なかなか味にクセがあります。

特に女性の方はあんまり好きじゃない人も結構いるかもしれません。

 

でも、モモハットのモモはクセがありません。

日本人でも食べやすい味になっていて、何よりおいしいです。

お酒も揃っているので、つまみには最高ですね。

 

おすすめ③店内が綺麗で旅行者でも入りやすい

写真を撮り忘れちゃいましたが、モモハットは店内もきれいなんですよ。

公式Facebookページから引用しましたが、普通に欧米系の人もいるくらいきれいです。

これは旅行者にとっては、地味にありがたいところですね。

 

っていうのも、モモがおいしいって言われているお店って大抵ローカル。

でもローカルって結構汚いお店も多いんですよ。トイレとか超汚れてたりしますし。

それに現地のネパールの人でいっぱいだから入りづらい。

 

だけど、モモハットは普通に日本にあってもいいようなレベルのきれいさ。

その分、他のモモ屋さんに比べたらちょっと料金は割高ですが、安心して食事を楽しむことができますよ!

 

カトマンズでモモを食べるならタメルの「モモハット」に行こう!

バラエティ豊富で、本当においしいモモを、清潔なレストランで楽しめるのが「モモハット」!

ネパールでモモを食べるならここがおすすめですよ!

アクセスもめちゃくちゃしやすくて、タメルのど真ん中のタメルチョークにあります。

写真で言うと、こんな感じの場所です。

たぶん一度は通ると思います。

 

お店は2階にあるので、この看板を見つけてみましょう!

 

おいしいモモを食べて、最高のネパール旅にしましょう!

 

ちなみに日本でおいしいモモを食べるならここがおすすめ!

あわせて読みたい

ネパール料理は新大久保・アーガン!モモの盛り合わせがすごすぎた

 

The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

Facebookページに「いいね!」で更新通知が受け取れます


ネパールに関する最新情報をお届けします!
「いいね!」はいつでも外せるので、
まずはお試し感覚で「いいね!」してみましょう!