ネパールの国旗はなぜ四角くない?世界で唯一の形に隠された真実




The following two tabs change content below.
あかりん

あかりん

現在、東京農業大学に在学中。農業の中でも、育種や採種に興味がある。
農業に限らず、自分の知らないことを知るのが好き。
2017年3月にネパールに渡航して以来、ネパールの魅力に引き込まれている。
ブログやってます!
ネパールインターン生の奮闘記

ナマステ〜。
最近日本食では刺激が足りなくて、
自宅でネパール風(?)カレーばっかり作っているあかりんです。

今回はネパールの国旗についてご紹介します!
みなさん、ネパールの国旗って見たことありますか??
いや、きっと見たことはあると思います。

これですこれです!
どーんっ!

あ〜アジア料理屋さんで見たことある!っていう感じじゃないですか?
そう、これネパールの国旗なんです。

他の国の国旗と比べると少し特徴的ですよね?

国旗って「その国の一番の象徴」といっても過言ではない。
だからこそいろんな意味が込められているようです!

ではでは、そんなネパールの国旗についてご紹介します!

ネパールの国旗に隠された意味①:なぜ変な形なの???

ネパールの国旗といえば特徴的なのは、
その形ですよね。

何を隠そう、国旗の形が長方形でない国は、

 

全世界でただ一つ・・・

 

ネパールだけなんです!!!

 

 

へぇ~~〜〜〜〜。

でも、問題はここ!
「どーしたその形?」っていうところですよね。

 

誰かに切り取られたの・・・?
長方形じゃつまらなかったの・・・?

 

いえいえ、
実はこの形、よ〜く見ると・・・

 

三角形の旗を縦に2つくっつけているんです!

 

 

へぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!
なるほど、元は二つの旗だったわけですね。

 

2つの旗からできたネパールの国旗!そこに込められた意味

ではここからは二つの旗に分解して考えましょう。

 

まず、上の三角旗。

これは1786年にネパールを統一した「シャー家(王家)」の旗。
ちなみに白色で描かれているのは三日月で、
王家の旗として使われていた頃には三日月の中に顔が描かれていたそうです。

 

次は下の三角旗。

これは1900年代実質的にネパールを支配した「ラナ家(宰相家)」の旗。
白く描かれているのは太陽で、
こちらもラナ家の旗として使われていた時には太陽の中に顔が描かれていました。

 

つまりは・・・

 

「ネパール王国で一番力を持っていた家の旗」

と・・・

「その次に力を持っていた家の旗」

をくっつけて・・・

 

「ネパール王国の旗の完成!」

ということにしちゃったわけです。

 

現在のネパールでは国王による直接統治ではなく、
共和制政治が行われています。

 

そのため、王国時代の象徴でもあるこの旗のデザインを、
変えろという市民の声も多いのだとか・・・。
個人的には好きなんですけどね、このデザイン。

 

ネパールの国旗に隠された意味②:なぜ色が赤と青なの???

続いて、色に込められた意味を紹介します。
ネパールの国旗は基本、赤と青で構成されていますね。

 

 

まず赤です。
赤はシャクナゲの色なんですね。

鮮やかな紅はネパールの国花であるシャクナゲの色。
日本のシャクナゲのイメージとは違い、
ネパールではシャクナゲの木が20メートルにもなり、
これを目当てにトレッキングをする人も多いのだとか。

 

紅という色は国民の勇敢さや、歴史的な戦いの勝利を、意味しているそうです。

 

 

青はやっぱりヒマラヤ!

 

青はヒマラヤの空の色!
やっぱりヒマラヤ!
ヒマラヤ抜きにネパールは語れません!!!

 

青色は平和を意味しているそうです。

 

 

王国時代の憲法にはネパールの国旗の書き方が記されている!

 

ここまでご紹介してきたネパールの国旗。
もうあなたもネパールの国旗が好きになって、
自分で描いてみたくなってきているころではないでしょうか?笑

 

でも、どこから描いたらいいかわからないですよね?

 

 

四角の中に赤い丸を書けば完成する、
日の丸が国旗の私たちには難易度が高い・・・。

 

 

・・・そんなあなたに朗報です!!!

 

誰でもかけるネパール国旗の描き方が、
ネパール王国時代の憲法に書かれているんです!!!

 

しかも、

 

・枠の中の描き方
・月の描き方
・太陽の描き方
・枠の描き方

の4つの段階に分かれ、
合計24行程からなるめちゃ丁寧な説明・・・笑笑

 

Wikipediaに英訳が記載されているので、
是非みなさん挑戦してみてください!

Flag of Nepal-Wikipedia

 

ネパールの国旗の由来は諸説あり。気になる国旗があったら調べてみよう!

今回紹介した国旗の由来はあくまでも一説。

国旗の形はヒマラヤ山脈を横にした形だという話も。
国旗の中に描かれている月と太陽は、
終わりのない発展を祈って天体や宇宙から連想されているという説もあります。

 

国旗を知るとその国の歴史も知ることができる。
ネパール以外の国旗も調べてみると面白いかもしれませんね!

ちなみに1962年までは国旗に人の顔が入ってました。。(笑)


 

The following two tabs change content below.
あかりん

あかりん

現在、東京農業大学に在学中。農業の中でも、育種や採種に興味がある。
農業に限らず、自分の知らないことを知るのが好き。
2017年3月にネパールに渡航して以来、ネパールの魅力に引き込まれている。
ブログやってます!
ネパールインターン生の奮闘記

まるでウルルンな滞在!「第二の家族」に出会う旅!

2019年3月。

「思い入れのあるネパールで
何かいいことしたいんです」

そんなことを言って、
3年働いた会社を思い切って退職しました。
なのに、私の気持ちは、清々しいというよりは、
どんよりとした曇り空のように
モヤモヤしていました。

なぜなら、ネパールに移り住むために、
会社を辞めたはずなのに、
ネパールに行くか、
日本の会社に転職するか悩んでいたからです。

それから5月のリトリートツアーに
参加する前の約2カ月間、
自分がネパールで何をしたいのか確かめるかのように、
いやむしろ、ぼやっとした自分のしたいことが
人から認めてもらえるものなのか確かめるために
いろんな人に会っては、話を聞いたり、
自分のやりたいことの想いを話したりしました。

そんなとき、ある会社の代表の方から
こんなことを言われました。

続きはこちら。