Day8.天然温泉入浴後の悲劇。遂にゴール(2170m~900m)




The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

ナマステ!
標高4,130mまで登った7泊8日のヒマラヤトレッキング体験記。前回までの記事はこちら。
いよいよ最終日です。

Day7.歩行距離23km・7時間半歩き続けた1日(3700m~2170m)

2017.03.27

天然の温泉に入れるとウキウキしていたら、その温泉のせいで悲惨なことに。
果たして無事目的地まで到達できるのだろうか?

雄大な景色に別れを告げ、温泉に入れるジヌーを目指す

昨夜は疲労困憊で20時には寝てしまった。
というか、ここ最近、19時半とか20時とかそんな時間にはもうスヤスヤ夢の中。
そんなわけで朝6時出発でも問題なく起きれる。

いよいよ今日はゴールのランドルックまで歩く。トレッキング最後の日だ。
もう少し感慨深いかと思いきや、全くそんなことはなくてむしろ一刻でも早く歩くのをやめたい。
昨日23キロ歩いた影響がモロに出ていて、足を前に動かすだけで激痛が走る。

そんな僕を励ますかのようにヒマラヤが美しい姿を見せてくれた。
この近さで見ることはしばらくないかと思うとちょっとだけ寂しい気もする。

でも思うに、綺麗な景色ってたまに見るくらいがちょうどいい。
きっとこのヒマラヤの雄大な姿も、ここに住んで毎日見るようになったら何も思わなくなること間違いなし。
実際に僕も高校3年間、江ノ電で湘南の海を見ながら通学したけど、数ヵ月も過ぎると慣れてしまって何も思わなくなった。

そんなことを思いながら、ヒマラヤがない方角へ歩いていく。
空が美しい。

今日、まず目指すのはジヌー。

2日目に地獄の登り階段が続いたところだが、帰りは下り階段になるので助かった。
とはいえ、今日の足は激痛でうまく動かなくて下り階段の方がきつかった。
結局、この階段には行きも帰りも苦しめられるのか。

ただやっぱり下りはあっという間に過ぎていってすぐにジヌーが見えた。

結局、1時間でジヌーに到着。
行きは2時間以上かかったのが嘘みたいだ。

ネパールの天然温泉で極楽気分になるも一瞬で地獄へ

ここジヌーでは一つ楽しみにしていたことがある。
それは温泉だ。
天然の温泉が湧いているのでネパールでも大きなお風呂に入れるのだ。

近くの宿で朝ご飯を食べてから早速お風呂に入るために、チケットを購入。
無料かと思いきや、1人100ルピー(約100円)かかります。

ネパールで温泉。
これがどれだけすごいことか。

そもそもネパールの人はお湯に浸かるという習慣がない。だから浴槽が付いている家は少ない。
万が一浴槽があったとしても、カトマンズでは水不足が頻発するのでお湯を浴槽いっぱいに貯めることはほぼ難しい。
そう考えると天然の温泉が楽しめるなんて最高すぎるではないか。

そんな風に楽しみにしていた僕がバカだった。
ジルーから温泉までは歩いて15分。

しかも階段がこれでもかって続いていた。
しかもしかも行きは下り階段。
すなわち温泉に入った後は登り階段になるってことだ。
しかもしかもしかもこの足のコンディション。

温泉で休んだ後にそんな地獄が待っていたらゆっくり休めないじゃないか。
そんなことを思いつつも、いざ温泉に入るとすっかりそんなことは忘れてしまった。

これが温泉。川の音を聞きながら天然の温泉が楽しめる。

お湯の温度もちょっとぬる目で熱いお湯が嫌いな僕にはちょうどよかった。
ちなみに全裸で入る人はいなくてみんな水着のような格好で入っている。
もちろん水着なんてないので、パンツで入りましたよ。

30分ほど温泉を楽しみ、いよいよ帰りの地獄の登り階段。
予想通り、階段がめちゃくちゃきつい。
あれだけ下ってきたのだから、仕方ないにしろそれでもきつい。

でも、これは想定の範囲内。
想定の範囲外だったのが吹き出る汗の量。

温泉で身体が温まったのに加えて、太陽が出てきて尋常じゃないくらいの暑さ。
せっかく温泉で朝の汗をきれいさっぱり流したのに、元通りどころか朝の倍くらい汗をかいてしまった。
この後、この吹き出る汗に終始僕は悩まされることになる。

日射病になりながら、遂にゴール。楽園、ポカラへ

ジヌーに戻り、1泊目に泊まったニューブリッジを目指す。
行きでここを歩いた時は大雨で全然景色が楽しめなかったけど今日は晴れ。
天気が違うとこんなにも見える景色が違うんだなと実感。

晴れるってのはいいことなんだけど、アホかってくらい日差しが強い。
だから汗が止まらない。
途中の水場で頭に水をぶっかけてなんとか冷やすも止まらない。

いつもは少し雲が出るのに今日は雲ひとつない晴れ。
直射日光が痛いほど突き刺さる。
水を飲んでも飲んでも喉が乾く。今思えば熱射病に軽くかかっていた気がする。

1時間ほど歩いて11時過ぎにニューブリッジに到着。

いよいよゴールのランドルックを残すだけ。
歩いて休んでを繰り返すのがベストだけど、足が痛くてもうそれはできない。
ひたすら歩き続けることを決める。

ここからは正直あまり記憶がない。
どうやって歩き切ったのか、ゴールのランドルックまでどうやって着いたのかあまり覚えていない。

12時を回ってガンガン照りつける太陽。
プラス温泉に入って無駄にポカポカに温まった身体。汗ビショビショ。
それでも歩かないと何も変わらないから前に進む。

人生も一緒。
誰かが何かをしてくれることを期待してても何も変わらない。
自分が動くことで初めて何かが変わる。

そうして歩き続けること1時間半。
遂にランドルックへ到着。
もう歩かなくていいんだということに心の底から安堵する。

昼ご飯は再び、トマトツナ焼きそば。
1日目も食べた一品。うますぎたのでもう1回。

昼ご飯を食べてジープが到着。
時間通りに来ないところも、人に挨拶するために途中で何度も止まるのも、道が悪すぎて遊園地のアトラクションみたいなところも全て許容範囲。
歩くよりはマシ。そこまで追い込まれていたことに自分でもびっくり。

ジープに揺られること約3時間。
トレッキングの拠点、楽園ポカラへ。
ポカラに戻るとなんだかホッとした。

もうトレッキングはいいや。
こんなに歩きまくる日々はもうしばらく遠慮したい。
でも、またふと行きたくなりそうな気がする。

気が向いたら、また行ってみようかな。

<完結>

ヒマラヤトレッキング体験記のバックナンバーはこちら!

Day0.目的地A.B.C&7泊8日の全行程&旅した仲間の紹介

2017.02.22

Day1.不安だらけの出発。(標高900m~1340m)

2017.03.16

Day2.土砂降りの大雨と地獄の階段祭り(1340m~2170m)

2017.03.27

Day3.爽やかで神々しい快晴の日に起きた下衆すぎる大ピンチ(2170m~2335m)

2017.03.27

Day4.遂に現れた聖なる山「マチャプチャレ」(2335m~2900m)

2017.03.27

Day5.ネパールで富士山を思いながら老人になる(2900m~3700m)

2017.03.27

Day6.ヒマラヤの麓で織田を叫ぶ(3700m~4130m)※絶景写真&動画有

2017.03.27

Day7.歩行距離23km・7時間半歩き続けた1日(3700m~2170m)

2017.03.27
The following two tabs change content below.
Kei

Kei

元ネパールの青年海外協力隊。もうすぐ30歳の男。 ネパールが好きすぎる。No Nepal, No Life. そんなネパールの魅力を伝えたいと思い、 ネパハマを立ち上げました。
個人ブログもどうぞ。
Kei Kawakita オフィシャルブログ

Facebookページに「いいね!」で更新通知が受け取れます


ネパールに関する最新情報をお届けします!
「いいね!」はいつでも外せるので、
まずはお試し感覚で「いいね!」してみましょう!